卵胞の成長を促し、排卵の動きを支えるプレマリン

プレマリンとは、結合性エストロゲン製剤に分類される薬品の一種で、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)を人工的にサポートしてくれるための薬です。

また、そのエストロゲン自体は女性の体内で分泌されている事で自分の卵巣内での卵胞の成長を促し、排卵の動きを支えてくれます。

それにより、妊娠しやすいように子宮内の膜を厚くする事などを行う事ができ、妊娠に向けた準備をいっそう進めてくれる効果があります。

次にプレマリンを飲むことによってどんな効果が出るのかというと、エストロゲンが不足する事で起こるさまざまな症状を、緩めてくれる効果や更年期障害がおこった時に閉経時で発生する女性ホルモンのものすごく急速な低下に体がついて行けなくなり、汗や冷え、のぼせ、頭痛、肩こりなどの症状が出て、人によっては耐える事が出来ないほどの苦痛になります。

なので、これを少量のむだけで、更年期障害に伴う不快な血管運動神経症状などの症状が改善されるなどの卵胞を育てたり排卵を起こさせる、月経を起こす効果があります。

臨床データによると、生理がこないといった卵巣機能不全の症状に対しては約34%の改善が認められています。

プレマリンの服用方法と注意事項

その次にプレマリンの飲み方についてですが、卵巣機能不全の治療でこれを服用する場合には、1日に0.625~1.25ミリグラムを服用しますが、年齢やその時の症状を見て、1日当たりの服用量が調整される事もあります。

もし、これを飲み忘れた時には、気付いたタイミングで1回分を飲みます。

その次に、プレマリンと一緒にルトラールという別の薬を処方される理由についてですが、月経周期を正常に正し、生理を起こすために必要な薬であるからです。

例えば、ルトラール自体には、妊娠を維持するために分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)を補う作用があるため、プレマリンで卵胞を成熟させ、排卵が起きた後にルトラールを飲み、妊娠しやすい状態を維持することができます。

一方でこれを飲む際の注意点もあります。

それは他の薬物との併用で飲む事です。

その中でも、グルベンクラミドやグリクラジド、アセトヘキサミドの血糖硬貨約を飲むとこの作用を下げてしまいます。

一方で、女性ホルモンでは全体的に太るというイメージがりますが、実際に飲んで太ってしまうのは、黄体ホルモンを含むピルだけなので、ピルに対しこれは太る小夜言うがそんなに強くはないので安心です。