エストロゲンの分泌を促して女性をサポートしてくれるプレマリン

プレマリンとは医薬品のひとつで天然ホルモン系統のエストロゲン剤の一種です。

結合性エストロゲン製剤と呼ばれる種類のもので、名前の通り女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの力をサポートしてくれる効果を持っています。

エストロゲンはどのような力を持っているのかというと、主に卵巣内で卵胞を成長を促しさらに排卵の動きを援助するものとなっているので、排卵を起こさせたり月経を起こすことができます。

このような効果から更年期障害、膣炎、卵巣の機能不全、子宮出血の治療に用いられる薬として知られているようです。

それだけではなくエストロゲンが減少することによって妊娠しにくい体質になってしまうので、プレマリンによってエストロゲンの分泌を促したりサポートしてくれる事によって妊娠しやすい体を作ることができるようになります。

つまり不妊症の治療としても用いられていると言う事で、女性にとっては非常に重要な意味を持つ薬として利用されています。

その効果は特に強く、服薬した人のおよそ30パーセント以上の人たちが月経を起こせるようになったり卵巣機能の悪化による症状が改善したとされています。

プレマリン服用によくある症状について

ですがその分注意しなければならないのが副作用であり、ホルモン系統の薬の中でも比較的副作用が強くでやすいという特徴を持っているので医師と相談しながら服薬を続ける必要があります。

ではプレマリンの副作用とはどのような症状が出るのかというと、主にめまいや意識障害、手足のしびれなどが見られておりこれらの症状が出た場合はすぐにかかりつけの医師に相談する必要があります。

それ以外にもまれではあるのですが血栓症と呼ばれる病気を起こす事もあるので、服用中は普段の体調に気をつけなければいけません。

と言っても副作用の発症率がそこまで高いのかと言うとそうではなく、婦人科ではプレマリンはよく利用されていると言う事からも分かるようにそこまで副作用が起きやすいというわけではないと言えます。

ただし副作用の中でもよく置きやすいと言われているのが体重増加で、プレマリンを服用する事によって太ってしまったと言う女性も少なくありません。

理由としてはエストロゲンの分泌が増える事で体内のナトリウムや体液が貯蓄されるようになってしまうため、むくみやすくなっているのです。

これは女性にとっては深刻な副作用なので勝手に中断してしまう人も多いのですが、医師に相談しながら中止するかどうかを検討することが大切です。