更年期の症状にプレマリン

更年期になると様々な身体の変化や精神面の不調に悩まされる方が増えますが、個人差があり、ほとんど症状が出ないという場合もあれば、日常生活にも影響が出てしまうほど強く出てしまう場合もあります。

更年期の不快な症状は女性ホルモンの急速な減少にあり、その変化に身体がついていけないことから、様々な症状が現れやすくなるとのことです。

そして症状も閉経前から閉経後まで何年も続いていきますので、症状のきつい人は何年も不快な症状に悩まされる可能性もあります。

それゆえに、体調管理は今まで以上にしっかり行っていきたいですが、かなり症状がつらいという場合は治療も検討していくと良いでしょう。

治療では薬を利用した治療がよく行われていますが、その治療に利用される薬のひとつにプレマリンがあげられます。

これは黄体ホルモンを補うのに役立つ薬で、主に更年期障害の症状の改善に利用されています。

そして薬にも内服タイプと膣錠が用意されているとのことです。

更年期の症状の改善以外では膣炎や卵巣機能不全症などの治療にも利用されています。

副作用としては、乳房が張る、不正出血、吐き気などがありますが、重い副作用はあまりないとされている薬です。

服用中に不調が出た場合は早めに医師に相談するようにし、安全に利用していきたいですね。