妊娠したい人や生理不順の人のための治療薬プレマリン

妊娠を待ち望んでいるのになかなか兆候がない人で、生理不順がある人は、病院に行って相談することがおすすめです。

エストロゲンというホルモンの量が足りないと、生理不順になったり、不妊の原因になったりすることがあるので、病院で検査をして、必要な場合には、不妊治療を受けることがおすすめです。

エストロゲンが不足している場合、卵巣不全などの病気が考えられるので、エストロゲンをプレマリンという薬で補うことで、妊娠することが期待できる場合があります。

プレマリンを飲むと、太るという人がいますが、むくみが出ることがあるため、体の中に水分を貯めこみ、太ったように感じることがあるということで太るわけではありません。

また、眠気が強くなるという方もいますが、プレマリンには、眠くなるという副作用はありませんので心配はありません。

プレマリンを飲むと、エストロゲンというホルモンが増えるため、胸がはったり、吐き気がしたりすることがありますが、程度は軽いことがほとんどで、時間の経過とともに症状が和らいでいくことが一般的です。

一般の薬局では購入することができないので、病院に行って、医師の指示に従って服用することになります。

気になる症状がある人は、医師に相談すると良いでしょう。