女性の更年期障害の治療薬プレマリン

40歳を過ぎると、更年期障害の悩みを抱える女性が増えます。

更年期とは、閉経の前後10年間です。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳です。

閉経が近づくと、徐々に卵巣の働きが低下していきます。

そして、女性ホルモンのエストロゲンが減っていきます。

エストロゲンが減ると、体や心に様々な影響が出てきます。

日常生活に支障が出るほど強い症状が出ることを、更年期障害と呼びます。

特に多いのが、月経異常や自律神経失調症です。

また、イライラや孤独感、集中力の低下など、様々な精神神経症状が出てくるケースもあります。

シミやシワ、たるみなど、肌の衰えを感じる人も多いです。

閉経してから10年くらいすると、心筋梗塞の発症率も増えます。

更年期の症状を改善するには、薬物治療など様々な治療方法があります。

更年期障害の治療薬として有名なのが、プレマリンです。

プレマリンは、昔からある卵胞ホルモン薬です。

卵胞ホルモンを補うことで、更年期障害の不快な症状を改善していきます。

とくに、発汗やのぼせに高い効果を発揮します。

プレマリンは、更年期障害の治療では、原則として黄体ホルモン薬と併用します。

治療目的によって服用方法が異なるので、医師の指示にしたがって服用することが大事です。