不妊治療や更年期障害などの治療に使用される薬プレマリン

プレマリンは結合型エストロゲンとも呼び、不妊治療や更年期障害などの治療に使用される薬です。

主な成分は女性ホルモンであるエストロゲンです。

卵胞ホルモンであるエストロゲンが減少してしまうと、動悸やほてり、冷え、頭痛といった更年期症状や生理が来ない、といったことが起こります。

エストロゲンが少ないと、妊娠する可能性が低くなり、不妊につながったり、無月経症や月経不順、子宮発育不全といった卵巣機能不全が起きたりしてしまいます。

そのため、プレマリンによってエストロゲンを補充します。

副作用としては吐き気や嘔吐、乳房の張り、めまいがあります。

吐き気や嘔吐、乳房の張りは2か月ほどたつと落ち着いてきます。

めまいや突然の胸の痛み、ふくらはぎのしびれなどを感じた場合は血栓症になっている可能性があります。

血栓症は命にかかわる症状ですのですぐに医療機関に行くようにしましょう。

また、体重が増加することもあります。

体重が増加するのはエストロゲンが体内に水分をため込もうとしているために起こります。

むくみなどがひどくなることもありますが、勝手に薬の使用をやめないようにします。

この他、長期にわたり服用すると乳癌になる可能性もあります。

定期的に子宮や乳房のチェックを行うようにします。