天然由来の女性ホルモンのエストロゲン剤 プレマリン

プレマリンとは、女性ホルモンのエストロゲン剤の一種の天然由来のホルモンです。

卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌が少ない時に補充するために使用されます。

エストロゲンが不足すると妊娠に関係する排卵や月経に支障がでるので、主に不妊症の治療薬として使われます。

他の効果としては、卵巣欠落症状や、機能性子宮出血や、膣炎や、更年期障害や、卵巣機能不全症や、卵巣欠落症状など女性ホルモンのエストロゲンの欠乏によって起こる病気の治療に用います。

プレマリンには副作用があり、正しい使用量で使っても次のような症状が出るおそれがあります。

副作用の症状は、じんましん、発疹、体重増減、むくみ、月経の量の変化、おりものの増加、膵炎、食欲不振、嘔吐、悪心、腹痛、乳房緊満感、乳房の痛み、脱力感、めまい、頭痛、脱毛、色素沈着で、そのような症状が1つでも出たら医師に相談すべきです。

他に、医師による処方量のミスで、乳ガン、子宮ガン、肝腫瘍、子宮内膜ガン、血栓症、認知症、冠動脈性心疾患、脳卒中などの重大な病気を引き起こす可能性のリスクも考える必要があります。

カウフマン治療後に起こるリバウンド現象について

不妊治療においては、規則的な排卵周期とと月経周期を正常化させるカウフマン療法で用いられます。

カウフマン療法のやり方は、プレマリンとデュファストンかドオルトンを用いて、3ヶ月から半年間かけて排卵と月経リズムを正常化する治療を行います。

カウフマン治療後に起こるリバウンド現象を用いて、自然排卵周期を起こさせることがやり方です。

この不妊治療中にも、副作用を起こす可能性があるので、医師に報告する必要があります。

男性でも薄毛解消や、ニューハーフの男性が胸を大きくしたりひげを生えにくくするために海外から個人的に入手して飲む場合がありますが、様々なリスクを伴います。

例えば、生殖機能に変化をきたしたり、睾丸の萎縮や、陰茎の縮小や、性欲の減退などの症状がでるので、リスクの方が大きさを考えれば、正規の育毛剤や植毛やカツラでの対策の方が望ましいです。

プレマリンの噂で、女性ホルモン全般的に太るというイメージが持たれてます。

確かに、避妊目的のピルの場合は黄体ホルモンの働きによって確かに太りますが、これに対してエストロゲン剤は太る作用はそんなに強くでません。

女性ホルモンは何でも太るという思い込みによる恐怖で、拒食症になる女性もいますが、正しい情報を知るべきです。

仮に、プレマリンで太ったとしても、服用を止めれば元の体重に戻ります。