更年期障害の治療にプレマリン

更年期障害は女性ホルモンの急激な減少に身体がついていけず、心身に様々な症状を起こしてしまう状態です。

更年期障害になると、イライラや気分の落ち込み、のぼせやほてり、発汗などといったつらい症状が出てきます。

そんな更年期のつらい症状を和らげるお薬としてプレマリンがあります。

プレマリンは経口エストロゲン製剤の一つで、エストロゲンの分泌が少ないときに、これを補充してくれます。

ホルモン補充療法の一つとして広く使われていて、更年期のつらい症状を和らげてくれます。

特にのぼせやほてりといった症状を改善するのに優れています。

また、プレマリンは女性ホルモン減少によって起こりやすい、骨粗鬆症や高コレステロール血症、動脈硬化などの病気を防ぐ働きもしてくれます。

骨量増加と骨折予防効果が世界的に認められている女性ホルモン薬なのです。

しかし副作用がないわけではありません。

乳房の張りや痛み、吐き気や嘔吐、食欲不振、むくみ、体重増加などが報告されています。

これらの症状が出たときには、すぐに医師に伝えましょう。

また長期のホルモン補充療法は、血栓症や子宮内膜癌、乳癌の発生のリスクが若干上がります。

しかし医師の指示に従って、定期的に血液検査を行うなど十分な管理をすれば、安心して使うことのできるお薬です。