更年期障害にはプレマリンが処方される

閉経前後の女性がなりやすい病気で更年期障害と言う病気があり、産婦人科では主にプレマリンと言う薬が処方されます。

プレマリンとは、古くからある結合型エストロゲンの女性ホルモン剤で、卵胞ホルモンを補う薬なので、婦人科系の病気に用いられる薬です。

更年期障害とは高齢の女性に症状が出る事が多く、のぼせやほてりに体のだるさなどの不快感や、倦怠感やイライラや不眠症などの症状や頭痛や発熱などを引き起こす病気ですが、最近は若年層の更年期障害もあると聞きます。

子宮発育不全や月経が来ない無月経、月経の時期が早まったり遅くなったりする月経不順や子宮不正出血、老人性膣炎などの卵巣機能不全による障害や、更年期障害の諸症状にも効果があるのです。

他にも尿失禁や、使い続けると骨粗鬆症の予防にもなります。

しかし、重い副作用はないのですが副作用があって、乳房の張りや痛みがあったり予定外出血などや、嘔吐や吐き気などが起こる可能性があり、血栓症には注意した方が良いのではないでしょうか。

プレマリンは特に、乳がんや子宮がん、子宮頸がんや卵巣がんなどのがんを発症するリスクが、高くなります。

がんを発症するリスクがわかった上で、産婦人科などで処方してもらう様にしましょう。