不妊治療に女性ホルモンを増やす薬プレマリン

子供が欲しいと思っているけれどもなかなか授からないという人の中には、病院に通っている人も多く、ホルモン剤を投与して不妊治療をしている人もいます。

女性ホルモンが不足すると、月経不順や子宮の病気になることがあり、ホルモン剤を投与することで、病気を改善し妊娠できるようにする場合があります。

プレマリンは、卵巣不全などを治療するときに用いられる薬で、整理が終わる頃から、次の排卵にかけて増加するエストロゲンという女性ホルモンを増やすための薬です。

エストロゲンの分泌量が少ないと、生理不順や卵巣の病気を引き起こすことや、成熟した卵子がつくられなくなってしまったりするため、不妊の原因になることがあり、プレマリンでエストロゲンを補充することが有効と言われています。

プレマリンを飲み始めてから太った、という人がいますが、太ったわけではなく、水分が体にたまってむくむことがあるため、太ったように感じる人がいるということです。

気になる人は、医師に相談してみることがおすすめです。

生理が遅れる場合がありますが、副作用ではなく、エストロゲンを増やす効果のひとつなので心配はありません。

眠くなる、という人もいますが、プレマリンには眠気の副作用はないため、生活リズムの変化などが関係していると考えられます。