プレマリンは卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、膣炎、機能性子宮出血の治療薬

プレマリンの有効成分は結合型エストロゲンです。

エストロゲンは女性ホルモンであり、この薬を服用することによって女性ホルモン量を補います。

この薬は卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害、膣炎、機能性子宮出血の治療に用いられます。

特に更年期障害で病院を受診する女性が増えてきているので更年期障害の治療に多く使用されています。

更年期障害では閉経によって女性ホルモン量が急激に減少し、動悸、頭痛、冷え性、易疲労感などの症状を引き起こします。

これらの症状が現れて、原因が更年期障害によるものであった場合には女性ホルモンを補充することによって症状は改善されます。

この薬は比較的副作用の起こりにくい薬ではあります。

それでもいくつか気になる副作用は存在します。

最も有名なのが血栓塞栓症の誘発です。

これは女性ホルモン量の増加によって血液が固まりやすくなることが考えられています。

よって血栓塞栓症の既往歴のある方には禁忌となっています。

また喫煙習慣のある方は血栓塞栓症が起こりやすいので注意が必要です。

また乳がん、卵巣がん、子宮がんなど女性器のがんにはエストロゲンによってがんの増殖、浸潤が促進されることがあるので女性器のがんの既往歴のある方は注意が必要です。