エストロゲンを増やし妊娠を促すプレマリン

プレマリンは不妊治療や更年期障害の改善のために使用されることが多い薬です。

この薬は卵胞ホルモンであるエストロゲンを補充するための薬で、結合型エストロゲンとも呼ばれます。

プレマリンを使用するのは膣炎や機能性子宮出血、子宮頸部びらん、卵巣欠落症などの卵巣機能不全の方が多いです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つがありますが、このうちエストロゲンが不足してしまうと卵子が育ち難く、排卵がうまく出来なくなってしまいます。

排卵ができないと妊娠をすることができないため、妊娠を希望する場合は人工的にエストロゲンを増やすことが必要となってきます。

プレマリンを服用すると卵胞が良く育ち、排卵を起こさせ、月経が正常化してきます。

プレマリンは女性ホルモンを補充する薬のため、比較的副作用を感じやすいです。

多くの人が感じる副作用には吐き気や嘔吐、乳房の張り、腰痛、不正出血、眠気、体重増加があります。

なお、眠気を起こす成分は含まれていませんが感じる方が多いです。

プレマリン服用時の副作用・症状について

体重増加に関してはエストロゲンが増加したことが原因となっています。

エストロゲンは体の中で体液やナトリウムをため込もうとする特徴があります。

そのためむくんだり、脂肪が増えたりするのです。

むくみや体重増加が嫌だから、と自分の判断で薬の使用をやめないようにしましょう。

これらの副作用は服用後2か月たった頃から見られます。

体が薬に慣れてくると症状は軽くなっていきます。

効果が発揮されてきたと前向きに考えると良いでしょう。

なお、薬を長期間服用すると重篤な病気になる可能性があります。

乳がん、子宮がん、卵巣がんといった女性特有の病気の他に、血栓症、認知症、肝腫瘍などがあります。

特に乳がんの場合、エストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンを一緒にとってしまうと、長く服用した分なる可能性が高くなります。

薬を使用している時は定期的に血液検査や超音波検査を行うようにしましょう。

また、狭心症や脳卒中、心筋梗塞などの血管関係、乳がんの経験者、子宮内膜増殖症の方はプレマリンの使用を行わない方が良いです。

偏頭痛の場合にも医師に相談してから使用するようにしましょう。

更年期障害に関しては閉経前後に少しの量を用いるだけで、のぼせやめまい、動悸、イライラ、頭痛、尿失禁などの症状を和らげることができます。

長期にわたって服用すると骨折予防効果や骨量増加があるので、骨粗しょう症の予防にもなります。