更年期障害や不妊治療に活躍するプレマリン

プレマリンという医薬品は、更年期障害や不妊治療の際に頻繁に使われる卵胞ホルモン薬です。

更年期障害は、のぼせたり、不眠になったり、イライラしたりなど、心身ともにバランスが崩れて苦しい症状です。

更年期障害の場合は、女性ホルモンであるエストロゲンを分泌を助けるためにプレマリンが使われています。

また不妊の際も、エストロゲンの分泌を促進するために利用されています。

不妊治療の際に、子宮頸管粘液を分泌させて受精能力を高めたり、子宮内膜を厚くするために利用して着床しやすい状況へ持っていくことができます。

他にも、排卵障害がある場合にも服用が進められ、排卵を促すことが可能になっています。

このように、婦人科の分野で大きく活躍しており、世界的にも認められているホルモン薬として注目を浴びています。

ただ、プレマリンには副作用があることを知っておかなければなりません。

例えば、食欲不振、乳房の張りや痛み、むくみ、体重の増加などが挙げられます。

このような副作用が報告されていますが、長く続くものではなく重篤な症状が起こることはまずありません。

しかし稀に、長期間の継続使用によって血栓症や乳がんのリスクがわずかばかり高まる可能性もあります。