更年期障害の症状を緩和するプレマリン

卵胞ホルモンは、女性の生殖器の成長を促したり、生理周期を整えたり、女性らしい丸みのある体を作る役割をしています。

40代には入ると、女性ホルモンの分泌量が減少してくるため、イライラや不眠、気分の落ち込み、生理不順などの人によっては、耐え難い症状が見られます。

プレマリンは、卵胞ホルモンを補うことで、更年期障害の辛い症状を改善する治療薬です。

処方をする前には、子宮や乳房などに異常がないか検査を行います。

プレマリンは、閉経の少し前から服用をすることで、辛い症状を軽減させたり、閉経後の骨粗鬆症などの病気を予防する効果があります。

医師が内服薬を処方してくれるので、自己判断で薬の服用をやめたりせずに、治療を続けることが大切です。

よく見られる副作用には、乳房のはりや痛み、吐き気などが見られる場合がありますが、しばらく服用を続けると改善されてきます。

乳腺症などの持病を持っていたり、乳がんになりやすい家系の場合や、膠原病などの持病がある場合は、服用できない場合もあります。

月経不順や過多月経で悩んでいる方や、不正出血で悩んでいる方は早めに診察を受けることが大切です。

必要があれば、プレマリンを処方してもらえます。